脊柱管狭窄症やメニエール病の症状|加齢で起きるツライ病の対処法

ヘルニアとの違い

ガッツポーズ

高齢の人が罹りやすい病として、脊柱管狭窄症が挙げられます。脊柱管狭窄症はヘルニアと勘違いされがちであるため、一度ヘルニアを罹患した人であれば、持病のヘルニアによる症状だろうと考え、適切な処置を行えない場合があるのです。ヘルニアは変形した椎間板組織が神経を圧迫することで発症する病ですが、脊柱管狭窄症は椎体や椎弓が厚くなることなどで、神経を圧迫することで発症します。一見して同じく神経を圧迫する病であるため、症状は同じだろうと考える人も多いですが、決定的な違いとして間歇跛行と呼ばれる、休むことで症状が一時的に緩和することや下半身のしびれが挙げられます。また、姿勢による負担からも違いを知ることはできるものであり、ヘルニアであれば前屈みになると神経の圧迫により痛みが悪化してしまいますが、逆に脊柱管狭窄症であれば前屈みになることで神経の圧迫が緩むため、楽な姿勢となるのです。ヘルニアとは違い放っておくことで排泄や歩行すら困難となる脊柱管狭窄症は、症状が発覚した場合、迅速に対処する必要があるでしょう。

こうした脊柱管狭窄症に罹患した場合、速やかに専門の病院へ診察してもらう必要があります。病院といえば多くの人が外科療法による手術を想起するものですが、この脊柱管狭窄症は外科療法以外にも治療法があるため、必ずしも切開による手術法を行なうとは限りません。特に高齢者に多く発症する脊柱管狭窄症は、外科療法を行なうことで大きな負担となる場合もあるため、現在では内科での治療法が多く取られています。内科では問診などによって症状の程度を測ったあと、医師が適切な治療法を組み合わせ、痛みによる負担などを取り除き日常生活を問題なく行えるよう治療してくれるのです。外科療法とは違い、すぐに症状が改善されるわけではないものの、負担なく徐々に快方へ向かうため、多くの人が利用しているのです。