脊柱管狭窄症やメニエール病の症状|加齢で起きるツライ病の対処法

適切な予防法

看護師と医者

脊柱管狭窄症への対処法として、個人でできる改善法、予防法があります。内科療法による治療法とあわせ、こうした方法を個人で行なうことにより、つらい脊柱管狭窄症の負担を緩和することができるでしょう。脊柱管狭窄症の予防法として、食品に気を付ける事が挙げられます。温熱治療などで効果があることからわかるように、この脊柱管狭窄症は血流の促進によって負担を和らげることができるものです。そのため、普段から血の流れを良くする食品を摂取することで、普段の食生活から症状を抑えることができるようになるでしょう。注目されている食べ物としてクロレラやエゾウコギが挙げられ、どちらも血の巡りを改善させ、さらに脊柱管狭窄症独自の神経へのしびれを低減させる効果が得られるのです。こうした食べ物はサプリメントとして服用することができるため、毎日の食事の後、水と一緒に服用することで、負担なく症状の改善ができることでしょう。

他にも、効果的な予防法として腰へのストレッチを毎日欠かさず行なう事が挙げられます。適度なストレッチは体の血行を改善させるため、脊柱管狭窄症にも高い効果をもたらします。また、体のインナーマッスルも鍛えることができるため、姿勢を整えるインナーマッスルを鍛え、脊柱管狭窄症を悪化させている姿勢の悪さを矯正することができるでしょう。こうした対処の仕方などは、脊柱管狭窄症に対して専門的な知識を有する医師などから訊くことができます。どのような生活を心がけることで改善に向かわせることができるか、医師はきちんと患者さんに教えてくれるため、脊柱管狭窄症は自分一人で治そうとはせず、必ず専門家の意見を聞きながら、効果的な方法を取るようにしましょう。