脊柱管狭窄症やメニエール病の症状|加齢で起きるツライ病の対処法

加齢による症状

脊柱管狭窄症の症状と原因

女医

脊柱管狭窄症と呼ばれる疾患は、脊椎にある脊柱管が狭窄する病で脊柱管を構成する組織は変形して 脊柱管が狭くなり、脊柱管を通る神経や血管が圧迫されることで、下肢がしびれたり、腰痛を引き起こしたり します。 加齢により起こることが多いですが、脊椎間板ヘルニアや骨粗相症によって起こることもあります。 若い時に、重労働をしたり重量物を持って腰を痛めたり、長時間運転を続けたりすることによっても 起こります。 症状には、間欠跛行と呼ばれる歩き始めは痛みはなくても、一定以上の時間を歩くと足に痛みやしびれが起こる歩行が見られます。 また、症状は、腰痛や腰周りの違和感、太ももやふくらはぎに出る場合、両足に出る場合等まちまちです。 悪化すると、便秘や排尿障害を伴うこともあります。

脊椎管狭窄症の治療と日常生活

もし、長期間腰痛や足のしびれが続くなら、整形外科で脊柱管狭窄症の診断を受けるのがいいと思います。 身体所見や間欠跛行の有無、排尿障害、神経反射などを見て,レントゲンやCT、MRIなどの画像検査で 脊柱管狭窄症かどうか判断します。 脊柱管狭窄症の治療法は、大きく分けて保存療法と薬物療法があります。 薬物療法には、外用薬や内服薬などの痛み止め、筋弛緩剤を使用するものがあります。 理学療法としては、牽引療法や温熱療法、超音波療法などがあります。 また、痛みのある場所に麻酔薬を注射して痛みをとる神経ブロック療法などがあります。 保存療法であまり効果がなく、歩行障害がひどかったり、生活や仕事に支障があるときは、医師と相談して手術という選択肢もあります。 痛みが強ければ安静にしてすごし背中をそらしたり、重いものを持つのをさけましょう。